浅田進史研究室/歴史学

研究・教育・学会活動ノート

ドイツ史|経済史

フリードリヒ・エーベルト財団の『労働運動史研究年報』のオンライン化

ドイツ社会民主党系のフリードリヒ・エーベルト財団のウェブサイトに、労働運動史に関する雑誌がデジタル化され、オンラインで閲覧できるようになりました。いいですね。リンクはこちら。 JahrBuch für Forschungen zur Geschichte der Arbeiterbewegung, 20…

チューリヒ美術館でのビューレ・コレクションの来歴について――武器商人とナチ・ドイツ

チューリヒ美術館(Kunsthaus Zürich)のエミール・ビューレ(Emil Bührle)の美術収集品についての紹介記事です。 Niklas Maak, Das Kunsthaus Zürich zeigt die Sammlung des Waffenhändlers Emil Bührle, in: Frankfurter Allgemeine Zeitung, 3. Oktober…

「ノスタルジーの功罪――グローバル比較のなかの脱工業化の文化遺産」について

Zeithistorische Forschungen(現代史研究)の2021年第1号の特集テーマは「ノスタルジー」です。そこに掲載されたシュテファン・ベルガーさんの論考がオンライン上で読めます。 Stefan Berger, Vom Nutzen und Nachteil der Nostalgie: Das Kulturerbe der D…

住宅占拠運動の歴史――Rosalux Historyポッドキャストより

2021年9月27日、ローザ・ルクセンブルク財団が提供する歴史ポッドキャスト Rosalux History の第11回は、「住宅占拠運動の歴史」です。 Geschichte der Hausbesetzerbewegung, in: Rosalux History - Podcast, 27. September 2021. いまから40年前の1981年秋…

プロレタリア運動とユダヤ系の人びとの同盟を歴史的に振り返る――ローザ・ルクセンブルク財団より

2021年9月、ローザ・ルクセンブルク財団のウェブサイトに、国際的な左翼運動のなかのユダヤ系の人びとに焦点をあてた論文集がオンライン公開されました。そのリンク先のある紹介記事はこちらです。 Riccardo Altieri, Bernd Hüttner, Florian Weis (Hrsg.): …

労働組合の歴史――Docupedia-Zeitgeschichteより

Docupedia-Zeitgeschichte という現代史研究のウェブサイトがあります。 Docupedia-Zeitgeschichte そのウェブサイトに、1945年以降のドイツ連邦共和国に焦点をあてた労働組合の歴史に関する論説が掲載されました。関心のある方はどうぞ。 Knud Andresen: Ge…

東西ドイツ間鉄道連絡についてのヴァーチャル展示について――ドイツ連邦文書館より

ドイツ連邦文書館のウェブサイトで、東西ドイツ間の鉄道連絡(1945-1970年)についてのヴァーチャル展示が公開されています。 Virtuelle Ausstellung: Interzonenzug. Schienenverbindungen über innerdeutsche Grenzen, 1945-1970, in: Bundesarchiv. 冷戦…

ナチ・ドイツ支配下の東部占領地域とブレーメン・ハンブルク商人たち――taz紙より

2021年8月21日、左派のドイツ語新聞、taz紙に、ナチ・ドイツ支配下の東部占領地域でブレーメンとハンブルクの商人たちがとくに利益を上げていたこと、そして多くの企業史料館では今日もなお史料公開が進んでいないことを指摘する記事が掲載されました。 Hist…

トーマス・ヴェルスコップ氏について

2021年8月19日、ドイツ社会史の拠点として知られるビーレフェルト大学で労働史・社会史・文化史を研究してきたトーマス・ヴェルスコップ(Thomas Welskopp)氏が逝去されました。 大学院生時代、研究会を通じて知り合った若手研究者どうしで、彼が共編者とな…

『急進的トランスナショナル連帯のためのグローバル空間』――2015年第1回国際ヴィリー・ミュンツェンベルク大会報告書について

2015年にベルリンで、第1回国際ヴィリー・ミュンツェンベルク大会が開催されました。そこで発表された論考を編集した報告書が、2018年に公刊されており、インターネットでPDFが公開されています。 Bernhard H. Bayerlein, Kasper Braskén und Uwe Sonnenberg…

アムステルダムの国際社会史研究所ホームページからみるアナーキズムのポスターコレクション

アムステルダムに国際社会史研究所があります。 IISG | International Institute of Social History Black Trowel Collective というSNSアカウントから、アムステルダムのポスターコレクションから ”anarchism” と検索したら、という紹介メッセージがありま…

「山猫ストライキ2.0」―― Sozial.Geschichte Online より

2021年7月8日、Sozial.Geschichte Online のウェブサイトに「山猫ストライキ 2.0」というタイトルの短い記事が掲載されました。 Wilde Streiks 2.0 | Sozial.Geschichte Online 山猫ストライキに関わる書評論文1本とオンライン討論録画1本の情報が掲載されて…

「21世紀のジェルジュ・ルカーチ」シンポジウムYouTube動画

2021年6月8日、YouTubeに「21世紀のジェルジュ・ルカーチ」と題されたシンポジウム動画がアップされました。 今年6月4日がルカーチ没後50周年にあたることを記念した企画です。URLは以下の通りです。 Georg Lukács im 21. Jahrhundert (1): Matthias Koch & …

ドイツ語歴史雑誌『労働・運動・歴史』(2021年第2号)のオープンアクセス論文

『労働・運動・歴史――歴史研究雑誌』というドイツ語学術雑誌の2021年第2号が刊行されました。 そこに掲載された巻頭論文がオープンアクセスで閲覧できます。論文題目を日本語訳すると、「政治的意思形成と行為遂行的な自己記述の諸空間――ヴァイマル共和国に…

ドイツ語ポッドキャスト Zeit für Gender について

2021年4月24日、ドイツ語ポッドキャスト Zeit für Gender(ジェンダーのための時間の意)に、「組織化できないもの――繊維・衣服産業における女性の組合活動」というタイトルの企画の録音がアップされました。放送時間は22分です。 'Die Unorganisierbaren': …

マルタ・ナウヨークス(Martha Naujoks)について

2021年4月29日、nd という左派系ドイツ語ジャーナルのウェブサイトに、マルタ・マウヨークス(Martha Naujoks)についての論説記事が掲載されました。 Henning Firscher, Martha Naujoks: Spuren suchen, in: nd aktuell, 29. April 2021. マルタ・ナウヨー…

ルッツ・ラファエル「石炭と鉄鋼の彼方へ」講演YouTube動画

2021年4月1日、トリーア大学で近現代史を教えているルッツ・ラファエル(Lutz Raphael)氏による講演「石炭と鉄鋼の彼方へ(Jensetis von Kohle und Stahl)」が YouTube 動画にアップされました。 Lutz Raphael, «Jenseits von Kohle und Stahl», YouTube, …

歴史雑誌『労働-運動-歴史』の特集「労働者と他者」より

Arbeit-Bewegung-Geschichte(労働-運動-歴史)という労働史を専門とするドイツ語の学術雑誌があります。その2021年第1号の特集が、「労働者と他者」です。目次はこちらからどうぞ。 20. Jahrgang - Heft 2021/I | Arbeit – Bewegung – Geschichte: Zeit…

Moderne Stadtgeschichte刊行50周年記念特集号について

ローザ・ルクセンブルク財団ウェブサイトに、『現代都市史(Moderne Stadtgeschichte)』の50周年記念特集号を紹介する記事が掲載されました。 Bernd Hüttner, 50 Jahre «Moderne Stadtgeschichte»: Lesenswerte Jubiläumsausgabe der Zeitschrift, in: Rosa…

ヴィリー・ミュンツェンベルクについて――トリビューン紙より

2021年2月4日、トリビューン紙のウェブサイトに、1920年代・30年代に左翼メディアのネットワークをつくり上げたヴィリー・ミュンツェンベルクを紹介する記事が掲載されました。タイトルは、「マルクス主義のルパート・マードック」です。 Owen Hatherley, "T…

ドイツ労働組合の歴史についてのポータルサイト

ドイツ労働組合の歴史についてのポータルサイトを訪れました。リンク先は以下になります。 Geschichte der Gewerkschaften - Startseite ハンス=ベックラー財団が提供するポータルサイトでして、充実したコンテンツになっています。 Epochen(1830年から201…

ドイツ移民関係資料センター兼博物館とTheodor Wonja Michaelについて

ケルンにドイツ移民関係史資料センター兼博物館があることをはじめて知りました。以下にホームページへのリンクを貼っておきます。 DOMiD e.V. – Dokumentationszentrum und Museum über die Migration in Deutschland そのサイトに、Theodor Wonja Michael…

Brill出版社の Studies in Global Social History のシリーズより新刊オープンアクセス情報

研究ノートです。2020年に以下の書籍がBrill社から出版されました。Hardbackと合わせて、E-Book(PDF)版がありますが、E-Book版は現在オープンアクセスになっており、無料ダウンロードできます。 Pepijn Brandon/ Peyman Jafari/ Stefan Müller (eds.), Wor…

IALHI(労働史研究機関国際協会)創設50周年に寄せて

労働史研究機関国際協会(The International Association of Labour History Institutions)、略称 IALHI は、2020年に創立50周年を迎えました。この協会は労働運動・社会運動の歴史・理論を専門にした文書館、図書館、資料センター、博物館、研究機関が集ま…

Grenzenlos――植民地主義から問い直すハンブルクの歴史展示

ドイツ植民地主義にかかわる歴史展示の紹介です。 ハンブルクの労働博物館(Museum der Arbeit)で、2020年9月30日から2021年4月1日まで "Grenzenlos: Kolonialismus, Industrie und Widerstand" と題した特別展示が開催されています。副題は「植民地主義、…

労働運動史関係文書館・図書館支援協会ウェブサイト――Förderkreis Archive und Bibliotheken zur Geschichte der Arbeiterbewegung e. V.

労働運動史関係の文書館・図書館を支援するドイツ語ウェブサイトを紹介します。 Förderkreis Archive und Bibliotheken zur Geschichte der Arbeiterbewegung e. V. 「労働運動史文書館・図書館支援協会」という訳語をあててみました。ウェブサイト内の "Vor…

労働運動史研究の雑誌 Arbeit-Bewegung-Geschichte について

ドイツ語の労働運動史に関する専門雑誌のウェブサイトを紹介します。 Arbeit – Bewegung – Geschichte: Zeitschrift für historische Studien | この雑誌は2002年から2015年まで Jahrbuch für Forschungen zur Geschichte der Arbeiterbewegung という雑誌名…

ラーフェンスブリュック強制収容所を生き延びた女性労働者の自伝について

2020年、ナチ・ドイツが設置した女性向けの強制収容所のうち、最大の施設であったラーフェンスブリュック強制収容所に送られ、生き延びた女性労働者の自伝が出版されました。*1 Katharina Jacob, Widerstand war mir nicht in die Wiege gelegt, hrsg. v. Ha…

「なぜ今日もエンゲルスを読むべきなのか」――ローザ・ルクセンブルク財団ウェブサイトより

2020年9月4日、ローザ・ルクセンブルク財団ウェブサイトで、「フリードリヒ・エンゲルスなしにマルクス主義はありえない」というタイトルの小論が掲載されました。 Ingar Solty, Kein Marxismus ohne Friedrich Engels: Ein Plädoyer, in: Rosa Luxemburg St…

東ドイツにとっての体制転換を振り返る――ドイツ連邦政治教育センターより

2020年9月8日、ドイツ連邦政治教育センター(Bundeszentrale für politische Bildung、bpb)のウェブサイトのコーナー Deutschland Archiv(ドイツ文書館)に、東西ドイツ統一についての論説が掲載されました。 ここではドイツ民主共和国、つまり東ドイツに…