浅田進史研究室/歴史学

研究・教育・学会活動ノート

ザクセン・ポストコロニアルについて

 2022年6月23-24日、ライプツィヒ大学で、「ザクセンポストコロニアル」というタイトルのワークショップが開催されることになりました。ザクセンで(ポスト)植民地主義の問題について、さまざまな形で取り組む活動家・研究者に向けた、ネットワーク構築のためのワークショップです。ほかの都市の活動団体も集まります。

 

 スケジュールは以下の通りです。

 

 

 ここ20年ほどの間に、ドイツ各都市で、「ポストコロニアル」を掲げる団体が次々と設立されています。それは、ドイツ各地域の植民地主義的な過去を明らかにし、現在の、たとえば人種主義のような問題について、議論を活発化してきました。

 ザクセンポストコロニアルのホームページはこちらです。

 

 

 その自己紹介では、ザクセン州でも、これまでに、Decolonize Dresden や Leipzig Postkolonial などの取り組みがあることが指摘されています。

 

 せっかくの機会なので、組織者に参加したい、と連絡したら、すぐに了解の返事をもらいました。オープン参加っぽいので、とくに確認はいらないかな、と思いましたが、念のため。