浅田進史研究室/歴史学

研究・教育・学会活動ノート

若手研究者問題|日歴協

第3回関西デジタルヒストリー研究会「COVID-19下の図書館によるデジタルサービスの実態と課題」に向けて(2)

いよいよ今週末に開催されます。 第3回関西デジタルヒストリー研究会「COVID-19下の図書館による デジタルサービスの実態と課題」(2020年1月23日13時~15時、Zoomミーティング) 「歴史学のオープンアクセス化を目指して――新型コロナ感染症対応下の日本歴史…

第3回関西デジタルヒストリー研究会「COVID-19下の図書館によるデジタルサービスの実態と課題」に向けて

告知です。 2021年1月23日(土)13時~15時に第3回関西デジタルヒストリー研究会がZoomミーティング方式で開催されます。テーマは「COVID-19下の図書館による デジタルサービスの実態と課題」です。チラシ、参加申込フォーム、プログラムのリンクはこちらで…

日歴協若手研究者問題特別委員会の取り組み――10月19日ウェブ・アンケート最終報告&討論会動画公開

2020年10月19日、日本歴史学協会若手研究者問題特別委員会はYouTube上で、若手研究者問題に関するウェブ・アンケート最終報告&討論会を開催しました。 www.youtube.com 立場別報告は動画を順次公開して、皆さんに視聴してもらい、またその後も好きな時間に…

日歴協若手研究者問題特別委員会の取り組み――ウェブ・アンケート調査立場別報告書

2020年10月19日に日本歴史学協会若手研究者問題特別委員会は、YouTube配信によるウェブ・アンケート調査最終報告&討論会を行います。 日本歴史学協会若手研究者問題ウェブ・アンケート調査最終報告&討論会 ひとまず、ようやくこの委員会が取り組んできたウ…

日歴協若手研究者問題特別委員会の取り組み――新型コロナウイルス感染症対応下の非常勤講師問題に寄せて

2020年4月22日、日本歴史学協会(以下、日歴協)若手研究者問題特別委員会は、 「新型コロナウイルス感染症対応下での教育現場における非常勤講師・兼任講師への適切な配慮と対応を求めます(呼びかけ)」 を同会ホームページで公開しました。 この取り組み…

日歴協の呼びかけ――新型コロナ感染症と非常勤講師問題

日本歴史学協会若手研究者問題特別委員会のメンバーの一人です。 日本歴史学協会は、歴史学関係の学会・研究会の相互交流、連絡のための学会組織です。その組織のなかに若手研究者問題特別委員会が設置されています。 2020年4月22日、同委員会が「新型コロナ…