浅田進史研究室/歴史学

研究・教育・学会活動ノート

文書館関係|ドイツ連邦文書館

ドイツ連邦文書館を紹介するパンフレット『社会の記憶』オンライン版

ドイツ連邦文書館の活動を紹介するパンフレット『社会の記憶――ドイツ連邦文書館簡解』(2022年)のオンライン版(PDF、フリーダウンロード)を知りましたので、こちらにリンクを貼っておきます。 Bundesarchiv (Hg.), Gedächtnis der Gesellschaft: Das Bund…

ルクセンブルク協定についてのドイツ連邦文書館ヴァーチャル展示

2022年は「ナチズムの不正の補償」のための国際協定、いわゆる「ルクセンブルク協定」の調印から70周年ということで、ドイツ連邦文書館がヴァーチャル展示を開催しています。 背景説明によれば、ルクセンブルク協定は、1952年9月10日に、ユダヤ系のナチ迫害…

1972年ミュンヒェン・オリンピックとテロ事件について――ドイツ連邦文書館のヴァーチャル展示

1972年に開催されたミュンヒェン・オリンピックから50周年ということで、最近、とくにテロ襲撃事件に焦点を当てたテレビ番組がドイツでよく放送されていました。 ドイツ連邦文書館のウェブサイトにも、ヴァーチャル展示「1972年オリンピック――テロ襲撃が『オ…

ドイツ連邦文書館の史料・情報取り扱いのための語彙集

ドイツ連邦文書館が、2022年6月現在の「文書類・情報管理のための語彙集」をオンライン上で公開しています。 Glossar zur Schriftgut- und Informationsverwaltung (Juni 2022), in: Bundesarchiv. 文書館を訪問するようになった頃、こうした語彙集が欲しい…

ベルリンの壁の建設――ドイツ連邦文書館のヴァーチャル展示より

ドイツ連邦文書館ウェブサイトのヴァーチャル展示シリーズについてです。今回は、「1961年8月13日――ベルリンにおける東西国境閉鎖と壁の建設」です。 13. August 1961: Schließung der Sektorengrenzen in Berlin und Bau der Mauer, in Bundesarchiv Intern…

カール・フォン・オシエツキーについてのヴァーチャル展示――ドイツ連邦文書館より

カール・フォン・オシエツキーについて、ドイツ連邦文書館のウェブサイトでヴァーチャル展示「カール・フォン・オシエツキー――あるドイツの平和主義者」が公開されています。 Carl von Ossietzky: Ein deutscher Pazifist, in: Bundesarchiv ジャーナリスト…

ドイツ軍制の歴史――ドイツ連邦文書館より

ドイツ連邦文書館のバーチャル展示として、ドイツ軍制の歴史的変遷をシリーズ企画として取り上げていることを知りました。展示されている史料はすべてフライブルク連邦軍事文書館に所蔵されているものです。2022年9月現在、9つの展示が公開されています。 ド…

ヒトラー総統府文書史料集の完結――ドイツ連邦文書館より

2022年7月12日、ドイツ連邦文書館のホームページに、ヒトラー政権期の総統府文書史料集の第11巻(1944/45年)が刊行され、完結したとのプレスリリースが公開されました。 Abschluss-Band der Akten der Reichskanzlei beleuchtet Regierung Hitler 1944/45,…

戦争・洪水・ハッカーからいかに史料を守るか――Deutschlandfunk Kulturより

2022年7月6日、Deutschlandfunk Kultur(ドイツラジオ文化放送)のウェブサイトに「戦争・洪水・ハッカー――どのように史料を守るか」という記事が掲載されました。 Maximilian Brose, Krieg, Hochwasser, Hacker: Wie sich Archive schützen, in: Deutschlan…

ヴェルサイユ講和条約についてのドイツ連邦文書館ヴァーチャル展示

今日はドイツ連邦文書館ヴァーチャル展示「ヴェルサイユ条約100年」へのリンクを貼っておきます。公開年月日の記載が見当たりませんが、おそらくタイトルから推測すれば、2019年と思われます。違ったら、それはそれで面白いですが。 Bundesarchiv Internet -…

ナチ不正に対する補償に関するポータルサイト――Archivportal-Dより

2022年6月1日、ドイツ文書館総合ポータルサイト Archivportal-D で、テーマ別ポータルサイト「ナチ不正の補償」がオンライン公開されました。 Themenportal: Wiedergutmachung nationalsozialistischen Unrechts, in: Archivportal-D. 同サイトSNSでの情報発…

ヴァイマル共和国期の貴族財産没収にかんする国民投票――ドイツ連邦文書館ヴァーチャル展示より

昨日のブログで、民主主義の歴史の一つとして財産の均等化をとりあげた講演について紹介しました。それと関連するドイツ連邦文書館ホームページで「諸侯財産没収についての国民投票」というヴァーチャル展示を知りました。 Volksentscheid über die Fürstene…

ドイツ映画小史――ドイツ連邦文書館ヴァーチャル展示より

2022年5月23日のドイツ連邦文書館のSNS発信で、「ドイツ映画の発展――ある長い歴史を要約する」というタイトルのヴァーチャル展示が同館HPで公開されていることを知りました。 Die Entwicklung des deutschen Films. Eine lange Geschichte kurz erzählt, in:…

1974年のドイツ連邦内閣議事録のオンライン公開――ドイツ連邦文書館より

2022年4月26日、ドイツ連邦文書館のウェブサイトに、第27巻(1974年)の『ドイツ連邦政府内閣議事録』のインターネットが、これまでの注釈なしの暫定版と差し替えられた、との案内が掲載されました。 Jahr des Kanzlerrücktritts, in: Bundesarchiv-Internet…

第一次世界大戦賠償問題白書の公表から100年――ドイツ連邦文書館より

1922年4月20日は、ドイツ外務省が第一次世界大戦に関する『賠償問題資料集(1921年5月-1922年5月)』白書を公表してから100周年とのことです。ドイツ連邦文書館のSNSで知りました。 Veröffentlichung des Weißbuchs „Aktenstücke zur Reparationsfrage vom …

ラパロ条約から100年――ドイツ連邦文書館ウェブサイトより

1922年4月16日、ドイツとソ連の間でラパロ条約が締結されました。それから100周年ということで、ドイツ連邦文書館のSNSより、この条約と関連する史料のリンクが貼られた案内ページの紹介がありました。 Bundesarchiv Internet - Vertrag von Rapallo このペ…

国際連盟――ドイツ連邦文書館ヴァーチャル展示より

ドイツ連邦文書館のヴァーチャル展示として、同館ホームページの「ヴァイマル共和国100年」特設サイトに「国際連盟――政治的失敗とグローバル知識社会の結節点の設立」が掲載されました。リンク先はこちらです。 Der Völkerbund – Politisches Scheitern und …

第一次世界大戦のドイツ賠償金支払いに関する会議について――Archivportal-Dより

ドイツ文書館総合ポータルサイトArchivportal-D に、 "Im Blickpunkt(視点のなかで)" というオンライン史料展示企画があります。 2022年4月1日、その企画の一環として、第一次世界大戦を終結させたヴェルサイユ講和条約に定められたドイツ賠償金の支払いに…

東ドイツ史に関する史料簡解――ドイツ連邦文書館より

ドイツ連邦文書館のウェブサイトに、「ドイツ民主共和国史――ドイツ連邦文書館およびシュタージ文書館所蔵の注釈つきの史料」というタイトルのページが公開されました。 DDR-Geschichte: Kommentierte historische Quellen aus den Beständen des Bundesarchi…

ヴァイマル共和国の「選挙マラソン」――ドイツ連邦文書館より

ドイツ連邦文書館のウェブサイトに、ヴァイマル共和国時代の選挙を「マラソン」という比喩で学ぶページ「ヴァイマル共和国の選挙マラソン――民主主義の勃興から共和国の解体まで」が掲載されました。 Wahlmarathon in der Weimarer Republik: Vom Aufbruch in…

オットー・ヴェルス――ドイツ連邦文書館ヴァーチャル展示より

2022年2月2日、ドイツ連邦文書館の情報発信で、「オットー・ヴェルス――『自由と命は奪われても、名誉は奪われない』」と題したヴァーチャル展示が紹介されました。 Virtuelle Ausstelung: Otto Wels. „Freiheit und Leben kann man uns nehmen, die Ehre nic…

国際ホロコースト記念日に寄せて――ドイツ連邦文書館ウェブサイトより

1945年1月27日は、「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」です。2015年1月21日付の国連広報センターのプレスリリースはこちら。 「1月27日は『ホロコースト犠牲者を想起する国際デー』 国連広報センター、2015年1月21日 ドイツ連邦文書館ウェブサイトでは…

ヴァイマル期ドイツにおける最初の女性議員たち――ドイツ連邦文書館のヴァーチャル展示

ドイツ連邦文書館ウェブサイトに、ヴァーチャル展示「国民議会の女性たち――最初の女性議員」が掲載されています。 Die Frauen in der Nationalversammlung: Die ersten Parlamentarierinnen, in: Bundesarchiv. 「ヴァイマル共和国100年」の企画の一つという…

ドイツ公文書のなかの女性に対する呼びかけ "Frau"と"Fräulein"について――ドイツ連邦文書館ヴァーチャル展示より

ドイツ公文書での女性の呼びかけについて、1972年1月16日、ドイツ連邦内務省はある回状通達を出しました。それは現在でも有効であり、結婚していない女性に対しても "Fräulein(フロイライン)"ではなく、"Frau(フラウ)" と呼びかけることができると指示す…

世界エイズデーに寄せたドイツ連邦文書館のヴァーチャル展示

もうだいぶ過ぎてしまいましたが、12月1日は世界エイズデーということで、ドイツ連邦文書館のウェブサイトでは、関連するヴァーチャル展示が公開されています。リンク先はこちら。 "Gemeinsam die Herausforderung annehmen" – 1. Dezember Welt-AIDS-Tag, i…

ハンガリー蜂起――ドイツ連邦文書館ヴァーチャル展示より

2021年10月23日から11月11日まで、ドイツ連邦文書館は、「ハンガリー蜂起」――「ハンガリー動乱」の方がなじみがあると思います――の65周年を機に、同館およびシュタージ文書館に所蔵されている史料に注釈をつけて、公開しており、同時にオンライン上での史料…

フリッツ・トビアス関係資料のオンライン公開――1933年2月ドイツ国会議事堂放火事件との関わりで

昨日の経済史講義で、ドイツ国会議事堂放火事件について触れました。ちょうどドイツ連邦文書館より、フリッツ・トビアス氏(Fritz Tobias, 1912-2011年)関係資料のデジタル化と大部分のオンライン公開についての記事を知りました。 Digitalisierung der "S…

ドイツ連邦文書館紹介YouTube動画「歴史と記憶――連邦文書館」について

2021年6月18日、ドイツ連邦文書館の活動を紹介する動画がYouTubeにアップされました(18分38秒)。「歴史と記憶」というタイトルです。リンク先はこちら。 Geschichte und Erinnerung - Das Bundesarchiv, 18. Juni 2021. 各地の文書館の映像、日常の史料の…

ステファン・テマーソン&フランツィスカ・テマーソン「ヨーロッパ」――ナチに略奪された映画作品とその返還について

2021年9月21日、ドイツ連邦文書館のウェブサイトに、ステファン・テマーソンとフランツィスカ・テマーソンが1931・32年に製作した前衛映画「ヨーロッパ」が、パリでナチによって押収されてから80年後にその相続人に返還された、というニュースが掲載されまし…

ドイツ連邦文書館所蔵ナチ関係史料のデジタル化プラン

2021年9月20日、ドイツ連邦文書館のホームページで、ナチズム関係史料のデジタル化について、今後の予定を知らせる案内が掲載されました。 Digitalisierung von Archivgut zum Nationalsozialismus 1933-1945, in: Bundesarchiv, 20. September 2021. これま…