浅田進史研究室/歴史学

研究・教育・学会活動ノート

ダッハウ強制収容所とスペイン内戦――ローザ・ルクセンブルク財団ウェブサイトより

 2022年10月26日、ローザ・ルクセンブルク財団ウェブサイトに、「ダッハウ強制収容所におけるスペイン人収容者――迫害された者たちの視点からの基礎研究」というタイトルの短い書評が掲載されました。

 

 

 導入部分を紹介します。

 ハウトハウゼン強制収容所における迫害されたスペイン人の研究は、ここ数十年の間に多く研究された一方で、ほかの収容所でのスペイン人収容者の研究はまだあまり知られていない。ここで紹介するヨハネス・メーアヴァルトの近刊書、『ダッハウにおけるススペイン人収容者――内戦・強制収容・亡命』は、ダッハウ強制収容所でのスペイン人収容者について、強制収容所複合施設の歴史的文脈に位置づけ、スペイン人女性・男性に対するナチ抑圧政策における意義を明らかにすることを目的としている。

 

 スペイン内戦とナチズムの関係については、一つの大きな研究テーマですが、強制収容所に視点を合わせた点に興味が引かれます。修士論文が基になっています。

 

 出版社の紹介はこちら